退団のご挨拶-筌口拓

筌口拓(DF)

1997年11月24日/175cm/68kg

ソレイユ明青→コンサドーレ札幌U-12→VIVAIO船橋SC→習志野高校→拓殖大学→EDO ALL UNITED (2020年)

 

昨シーズン限りでEdo All Unitedを退団することになりました。

初期メンバーとして3年間続けられたのは、ファミリーの皆さん、チームメイトのおかげです。
Edoが立ち上がらなかったら、あの時清水祐貴と一緒にセレクションを受けてなかったら、大学卒業と同時にサッカーを辞めてたと思います。
学生サッカーを終えても、社会人になってもサッカーが楽しいと思える毎日を過ごせたのは幸せでした!

悔しかったのは、3年間で1ゴールだったこと。GK江口と同じ得点数です。
大勝の試合でも点が取れなくて泣きそうでした。シュート弱すぎて全部相手GKにキャッチされてました。
それでもほとんどの試合で使ってくれた和田監督には感謝です。

今年、チーム方針の変更で退団メンバーは多くなってしまいましたが、残ったメンバーには行ける所まで突っ走っていってほしいです。応援行きます。
Jリーグ優勝という夢に向かうEdoをこれからも応援していけたらなと思います。

サッカーは続けますので、エドと対戦できる日を楽しみにしています!
3年間ありがとうございました!!

 

オンラインサロン内にて監督・和田涼太から選手一人ひとりへ向けたメッセージが共有されました。

-和田監督より筌口選手へ-

中学時代から知っている仲で大学4年の時も一緒にJクラブの練習参加をしたりと古くからの関係の拓。2020年に一緒に1年でステップアップしようなと誓い合い結局4年間一緒に過ごす事になりました。笑

お互い思い描いた未来ではなかったですが拓の存在は僕にとってもチームにとっても特別だったと思います。レジェンドです。

3年間本当にありがとう!